七五三詣りに行ってきました〜親心の父の目線〜

(Photo by Takayo Kashiwada)

ご訪問ありがとうございます。

 貴方の『好き♡』をカタチにするお手伝い 

 📷 

 横浜市・川崎市を中心に

 フォトレッスンや出張撮影をしている 

 バースデープランナー&カメラマンの

 Naomiです。 

 今日はカメラを置いて「母」として

 娘の七五三詣りに行ってきた 

 お話をしたいと思います。 

 ******  


私がそもそもカメラに関心を持つように

なったのは私の父がきっかけです。

幼少期、フィルムカメラや当時はまだ

高価だった8ミリビデオで家族の

記録をたくさん残してくれた父が

いたから、私もカメラがある生活が

自然と成り立っていたのだと思います。


私がカメラを手放し「母」として

娘の七五三をお詣りした代わりに、

父は実家からマイカメラを持ち出し

こんな娘の写真を撮ってくれました。

カメラ好きの父は、カメラマンだったら

王道で撮らないであろうシーンを

撮っておこうと考えたとのこと。

なるほど、よくわかってる!!


そして帰宅後、父が見せてくれた写真は

意外な人がフォーカスされていたのでした。

それは孫ではなく、カメラマンの貴代ちゃんでした。


参道でも

神門でも

本殿でも。

私たちのお詣りの様子を

背後でそっと見守りながら

周りに配慮して

お賽銭近くでしゃがみこんだり煽る

カメラマンがいる中、決して

神様にレンズを向けず

本殿前はさっと撮影をすませる貴代ちゃん。

人気(ひとけ)のないタイミングを見計らい


ときには撮影した写真の確認もさせてくれる。


こういった自分が撮影している姿って

カメラマンさんは自分で撮れないでしょ?と

父が言いました。


はぁ〜!!カメラを撮っている父だからこそ

貴代ちゃんがフォーカスされたのか!

嬉しくなって貴代ちゃんに送りました。

貴代ちゃんも、とっても喜んで

くれていましたよ♡


父の目線はまさに親心。

カメラを置いて行った時

「あぁ、撮影する貴代ちゃんを

私が撮ってあげたかったな」という

気持ちを見透かしたかのような写真。

私も嬉しくなりました。


長くなりましたが、

これで娘の七五三の

レポートは終わりです。

読んでくださり、有難うございました!




mama photolife

「あなたの『好き』をカタチにしてみませんか?」バースデープランナーの資格を持ったママカメラマンnaomiです。このたび女性限定・少人数制・お子様連れの方OK!のPhoto Lessonを始めました。テーブルフォトと家族写真を中心に撮影しています。あなたの好きなコト・モノ・ヒトを一番伝えられるのはあなた自身です♬少しのコツで好きな事を何倍にも魅力的にするカメラの面白さを楽しみましょう!