七五三詣りに行ってきました。〜お支度編〜

ご訪問ありがとうございます。 

 貴方の『好き♡』をカタチにするお手伝い

 📷 

 バースデープランナー&カメラマンの 

 Naomiです。

今日はカメラを置いて「母」として

娘の七五三詣りに行ってきた

お話をしたいと思います。

 ******


10月27日(土曜日)

心配していたお天気も無事に晴れ、

七五三詣りに行って参りました。

(photo by Takayo Kashiwada)

三歳のお参り時は髪も短く、

自分でヘアセットしたのですが、

七歳はぜひ日本髪でお詣りしたい!と

今年のGWあたりから計画を

練っていました。

(photo by Takayo Kashiwada)

その甲斐あって、無事に日本髪に♬

前髪も頑張って伸ばしました!

(photo by Takayo Kashiwada)

最初は緊張していた娘の顔も

どんどん髪飾りが足され、可愛くなって

行く姿を鏡ごしに見ながらご満悦。


ヘアメイクが終わり、

眉毛を描いてもらった

自分の顔を見て一言

「・・・おじさんみたい!」

おじさんに見えないよー!

お姫様みたいだよー!!と

褒めちぎる親バカ二人w

(photo by Takayo Kashiwada)

今回、お着物は参集殿さんの

お着物をお借りしました。

7月下旬頃に着物の展示会が

ありました。私はGWに問い合わせ

をして、展示会前にご連絡を

頂けるよう、お願いしましたよ。

(photo by Takayo Kashiwada)

美容室は参集殿内に2箇所あります。

娘は「資生堂美容室」さんに

お願いしました。

さすが、婚礼なども手がけて

いらっしゃるので着付けが

美しかったです!!

(photo by Takayo Kashiwada)

お詣り後に参集殿内でお食事も

したのですが、それまで苦しく

ならなかったみたいです。

やっぱり着付けがうまいと

着崩れせず、長時間耐えられるので

お任せしてよかった!!

(photo by Takayo Kashiwada)

帯も手結び帯で華やかに・・・!!

ちょうど良い柄がきました。

帯は少し触って柔らかめの方が

しめやすそうでしたよ。

(photo by Takayo Kashiwada)

メイクの仕上げ、口紅を最後に

ひかせてもらいました。

参集殿のスタッフの方々に

「おめでとうございます!」

「行ってらっしゃい!」

と声をかけて頂き、寒川神社へ!!

(photo by Takayo Kashiwada)

次はお詣り編を書きたいと思います。


******


(撮影において大切な事)

ここはこれから七五三詣りをされる方にも、出張カメラマンさんにも読んでほしい内容です。

少し長くなりますが大切だなと思ったので記しておきます。

先に断っておきたいのですが、基本的に寒川神社さまは外部からのカメラマンさんはご遠慮くださいという神社さまです。

最初、七五三撮影に出張カメラマンの同行は可能か?問い合わせしたところ、出張カメラマンさんは基本的にご遠慮頂きたいニュアンスの回答を頂きました。

一つは婚礼などで撮影出来るよう参集殿内に写真館が併設されている関係もありますが、スタッフさんと打ち合わせする中でお聞きした他の理由もあります。


*今回、主人の親族がかつてここの宮司であった事(参集殿前に親族の胸像があります)

*三歳のお詣りをさせて頂いた時に自分が撮影してしまうと、撮影に気を取られてしっかりお詣り出来なかった反省がある事

*七歳のお詣りでは神様へご報告とお礼をかねてお詣りする事に集中したいので、ロケーション撮影やプロカメラマンに撮影してもらいたいという事ではなく、親友にカメラを任せ、自分達はお詣りに専念したい気持ちがある事

を説明しました。

受付して下さった方はこちらの意図を汲んでくださり、ご家族としてのプライベートな撮影であれば、という事で許可を頂きました。


秋に髪型打ち合わせをした際、撮影の話の確認の中で、長年出張カメラマンをされているベテランの先輩方が神社撮影のマナーについて一部のマナーを知らない出張カメラマンの撮影方法や態度を危惧されている事、その為に出張カメラマンさんのマナー向上の為、講座を開いて下さっている活動がある事、今回同行するカメラマンは、本来お詣りする宗教施設である神社という場所をお借りしているという気持ちを忘れずに撮影する友人であることを伝えました。


スタッフの方も「お祝い事だから撮影したい、撮影してもらいたいというご家族の気持ちも分かります。ただ、写真室のカメラマンであれば(神事やマナーを知っている為)決して撮影しない場所でも出張撮影のカメラマンさんが堂々と撮影したり、踏み入れてはいけない場所に踏み入れて撮影をしたりしてしまうんですよね。そういう活動が広がるといいですね」と言ってくださいました。


そして、今回もちゃんと神社さまのご意向に配慮し、かつ女性であれば、ということで、プライベートな親族としての撮影で数枚着付け室の様子も撮影許可いただいています。

いきなり事前連絡もなしにずかずかと大きなカメラを持って美容室に入り、なんの断りもなくバシャバシャ撮影するカメラマンであれば、こんな写真は撮れなかっただろうな、と改めて思いました。

今回、私の親友でありカメラ仲間でもあるNatural Photo Yokohamaの柏田貴代ちゃんはそのあたりの配慮が出来るカメラマンさんです。

ヘアセットや着付け時は、空気のように気配を消して、周りに配慮しながら数枚のシャッターでその空気感を切り取ります。今回、娘のヘアセットと着付けが一番最後だったのも幸いし、他の参拝者さんに気兼ねせず撮影出来たことも大きかったと思います。


事前に撮影してはいけない場所や行為も神社さんによって異なりますので、必ずお詣りに出張カメラマンさんをお願いする場合は、事前に神社さんに問い合わせしてみてくださいね。今回は問い合わせたやりとりの上、許可を頂けましたが、必ずしも撮影許可が降りるとは限りません。撮影NGの場合もあると思います。

この記事で撮影OKだったからいいだろう、ということではなく、あくまでも神社さんとの信頼関係のもと、場所を借りて撮影させていただく気持ちを忘れずにまずは事前にお問い合わせされることをオススメします。



mama photolife

「あなたの『好き』をカタチにしてみませんか?」バースデープランナーの資格を持ったママカメラマンnaomiです。このたび女性限定・少人数制・お子様連れの方OK!のPhoto Lessonを始めました。テーブルフォトと家族写真を中心に撮影しています。あなたの好きなコト・モノ・ヒトを一番伝えられるのはあなた自身です♬少しのコツで好きな事を何倍にも魅力的にするカメラの面白さを楽しみましょう!