(STEP UP!)フードスタイリング教室

こんにちは。 横浜・川崎を中心にフォトレッスンや撮影をしているmamaphotolifeのNaomiです。

先日、またまた自分の技をブラッシュアップすべく、フードスタイリング教室へ学びに行って来ました。前回お世話になったfelica spico(フェリカスピコ)の佐藤先生の自然光で撮影する基礎レッスンを受講した人が受けられるステップアップ講座の中で、前から気になっていたフードスタイリング教室へ。

スタイリングの基礎などは通信講座やフォトグラファー養成講座、独学でも学びつつも、どうしても自分の持っている食器や撮影小物に限りがあるため、ある程度パターン化してしまったり、好きなテイストに偏りがちになっていたので自分のインプットを増やしてバリエーションをつけたい、さらにそのスタイリングのデモンストレーションや撮影方法が学べたら・・・と思ってこちらを受講させていただきました。

料理写真の佐藤先生とフードスタイリスト&フードコーディネーターとしてご活躍の小坂先生のコラボとあってこれは行くしかない!学ぶしかない!!とカメラ仲間のtaeちゃん(しゃしんのにこ)から連絡をもらい、旅先から予約ボタンをポチッとしたのでした。

座学もデモンストレーションも「ほぉ〜!!なるほどぉ!!」の連続で、決してテキストだけを読んでわかるという内容ではなく、完成形に到るまでにどう言う風に計算し、組み立てらえるか?を目の当たりにできたのはやっぱり大きな収穫でした。

そして、そのデモ後に各自で小坂先生の持参された山のようなスタイリング小物達を使って、課題として与えられた素材(これがまたみんな違うんです!)を素敵にスタイリングすると言う、滝汗のレッスン。

何でもとりあえず持って来て・・・ではなく、組み立てるまでにいかに想像(妄想?!)し、計算が出来るか?が試されました。本当に緊張しました。でも悩みすぎるときになる器や素材はどなたかの手元に。まずはきちっと一度頭の中を整理しつつ、目線は山のような食器を追いつつ、自分のイメージした画がはまる素材があるかを確認しつつの作業は頭も体も使いましたがとても面白かったです。

どんなアイテムを使われているのか?どんな風に活用されているのか?なども実際に見て体験すると本の内容がストンと腑に落ちる感じでした。

さて、色々あって私の作品がこちら。

私に与えられた課題はワッフル。通常ならふんわりとした朝方に家族と食べるような、もしくは女子同士でおしゃべりしながら食べるスイートなワッフルにしがちな私。あれこれと脇役を盛り込みすぎて迷路になる「足し算」よりも、まずはシンプルにワッフルを主役にしたスタイリングにしようと決めました。そしてどちらかというと苦手な男前?なスタイリングにしてみようとあえてダーク形のスタイリングに。

撮影のアングルなど、細かい調整は撮影しながら佐藤先生からアドバイスを頂けます。

基本安全に編集ありきの撮影をしがちですが、佐藤先生のアドバイスに従うとほぼトリミングも編集もなしで、カメラの設定だけでもかぎりなくゴールに近い画が撮れます。私は何度かのリテイクでこの撮影になったのですが、いったい佐藤先生の頭はどう見えているのかしら?とファインダーを覗きながら先生の頭の中の完成図を私の頭に入れ込んでこの世界を覗いて見たい・・・と思いました。

撮影後、思い切って迷っていた「ここに足すならどんなアイテム?」という質問を小坂先生にお聞きしました。私が迷っていた3つのアイテムを並べると、その選択肢の中からクリアなチョイスと理由を聞くことができました。なので上の写真はこちらでも完成ですが、さらにスタイリングを加えて違った表情を出せることも学びました。

それは何かというと・・・?!これは受講した方だけの秘密にしておきますね。

他にもこの写真にはたくさんの秘密が隠されています!

こういった実戦で経験をどんどん積むと自信にもなるし、どうしてそのスタイリングになったか?を明確に出来るので、迷いが少なくなると思います。これはいいな!と思ったところはしっかり吸収して、自分の色で撮影に活かしてアウトプットしていけたらいいなと思いました。

佐藤先生、小坂先生、そしてさそってくれたtaeちゃん、有難う!!


さてさて、しっかり復習したので今度は溜まった夏休みの写真を・・・頑張ります!







mama photolife

「あなたの『好き』をカタチにしてみませんか?」バースデープランナーの資格を持ったママカメラマンnaomiです。このたび女性限定・少人数制・お子様連れの方OK!のPhoto Lessonを始めました。テーブルフォトと家族写真を中心に撮影しています。あなたの好きなコト・モノ・ヒトを一番伝えられるのはあなた自身です♬少しのコツで好きな事を何倍にも魅力的にするカメラの面白さを楽しみましょう!