陸と水辺の動物が楽しめるNIFREL

NIFRELの良いところは水族館と動物園が一度に楽しめる感覚を味わえる点です。
陸の生物の水辺の生物をそれぞれの特徴にあわせて展示されていて、それが最新の映像技術と融合しています。いたるところに仕掛けがあって、飽きさせない工夫をされているのです。
ホワイトタイガーの餌やりのシーンでは、ホワイトタイガーの息遣いやヨダレが飛んできそうなほどだったり…

その背後ではゆうゆうとワニが泳いでいたりします。
かと思えば自由に展示ゾーンを飛び回る鳥達があったりと次の展示ゾーンに行ったらどんな動物に会えるのだろう??という期待感溢れる作りになっていて、各展示ゾーンに入る時のワクワク感があります。

フォトスポットとしては、マチカネワニが壁から飛び出すようなオブジェの下で撮影出来たり、タッチシャッター方式(身体の一部に触れるとシャッターが切れる仕組み)で撮影出来るものも。
こちらはタッチシャッターでのフォトブース。まず、最初にうちわのようなもの(これがシャッターを押すための機械)を渡されます。次にスタッフの誘導に従い、自動で切り替わる背景に合わせて娘と手を繋いだり、お互いのほっぺをくっつけたり、身体の一部が触れる事でおそらく手に持ったうちわの電気?が繋がりシャッターが切れる仕組み。
最初にタイミングが合わないと、手を繋ぐ事に気を取られていて、笑顔を作る前にシャッターが切れてしまったりします。
ポイントとしては笑顔を作ってから手を繋ぐ順番がオススメです!

NIFRELのまわりにも沢山行ってみたい施設があったので、次回また帰省時に訪れられたら良いなぁー!

mamaphotolife

お子様の「今、この瞬間」をママの手で素敵に残してみませんか? 女性限定・少人数制・お子様連れOK!ママの為の初めてのPhotoLessonを始めました♪