実家でのひとコマ〜遊びながら笑顔を引き出すコツ〜

旅行から帰宅し、慌ただしく洗濯や片付けを済ませたらそのまま荷造りして実家へ帰省しました。引っ越してからイベント続きで2階の片付けもそこそこに横浜を飛び出し、関西入り。
可愛い甥っ子が実家でRを待ち構えていました!ビッグベビーで生まれて来た甥っ子は、2歳ですがほぼ3歳並みの大きさに成長!男の子ということもあるのでしょうが、娘の2歳児に比べると大きくしっかりしていてビックリ!

Rの2歳の頃。まだまだヨチヨチ赤ちゃんだったなー。。。

普段は関西にいる甥っ子なので、なかなか一緒に遊べないのですが、お盆とお正月には日程を合わせて実家で合流し、ひと時を過ごします。

Rの時にも使った『いないいないばぁー!』作戦(あらかじめ顔が出ると予想される場所にピントを合わせておき、いないいないばぁー!といいながらカメラのファインダーを見ずに遊びつつ撮影しています)で、甥っ子のご機嫌を取りながら撮影タイム。

普段あまり会えない仲なので、よっぽどカメラに撮られ慣れていないと、私が大きなカメラを構えて撮影するだけでちょっと恐がったり不安になるもの。
そこであらかじめピントを合わせておきながらカメラはしっかり固定しつつ、顔は甥っ子の方に向けて(カメラから顔を離して)お喋りしながら撮影する事で不安や緊張感を取り除いています。

こちらも遊びながらのショット。
大人が失敗したりすると面白がるので、わざとプールに足をつけて『おっとっと!』と足を滑らせた真似をしたり、『ありゃりゃー!』と手に持っていたものを落としたりすると声を立てて笑います。そこをすかさずパチリ!これは知恵がついてくると『わざと落としたでしょー?!』と突っ込まれるため、2歳から年少、年中さんくらいの撮影で使っています。

今回は甥っ子のボキャブラリーが増えて会話が結構成立する事や、以前なら私が甥っ子を抱っこしたり、Rのおもちゃを貸すと怒っていた娘が今回は随分面倒見の良いお姉ちゃん対応をしてくれた事が印象的でした。
普段一人っ子で譲ったり我慢する経験が少ないので、去年はグズグズだったのに成長したなぁ〜とビックリ。でも甥っ子が帰宅した後、夜寝る時に『本当はね、Rはいっぱい我慢したんだよ!おもちゃを壊されたりしても小さいから怒っても仕方ないし、ママが(甥っ子を)抱っこしたりした時も嫌だったけど頑張ったのー!』と泣きじゃくる姿はまだまだ可愛い幼さがあり、『そうだね、ママはRが沢山優しかった事を知ってるよ。優しくしてあげて嬉しかったよ!』と抱きしめました。
以前ならその場で不満を述べていた娘が、甥っ子が帰宅するまではずっと優しくいてくれた事に成長を感じ、一人っ子だからこそこういう小さな社会性を身につけられる機会がいとこ同士としてあってよかったなぁと思う夜でもありました。


mamaphotolife

お子様の「今、この瞬間」をママの手で素敵に残してみませんか? 女性限定・少人数制・お子様連れOK!ママの為の初めてのPhotoLessonを始めました♪