当たりはジューシー♪ハズレはガリガリ?!

プリンセス写真を堪能した後は陣平農園へ。
ぶどうやリンゴ狩りは楽しんだ事があるRがやってみたい事のひとつに桃狩りがありました。
桃は通常熟す前に収穫、箱詰めして輸送中に熟して丁度良い甘さになるそうです。

こちらの果樹園ではなるべく樹で熟するように努力されていますが、桃は硬いうちに収穫するものであるため、桃の樹には硬めの桃が多い事、本当は桃は樹で完熟させ過ぎるとあまりおいしくないので、メロンのようにある程度硬い内に収穫して数日置いて、柔らかくなってから食べた方が甘みが増しおいしかったりすると教えてもらいました。
こちらの食べ放題は50分。通常よりゆったりとした時間があるのでゆっくり選びながら食べる事が出来ます。
持ち帰りされる方はキロ単位での販売もしていただけます。
別のご家族が桃狩りに来られていて、収穫したての硬い桃🍑を一口食べて『うわ!ジャガイモみたいに硬いー!』と一言。それもそのはず、低い位置になっていた実で青い桃だったのです。
全体的に赤く色づいていても、青っぽい部分が残る桃は硬い(出荷時に柔らかくなる)桃なので、その場で食べる時には全体の色づきよりもお尻の部分が黄色くなっているものを選ぶと良いようです。
自分で採った桃を食べるというので、切り方を教えました。(一部手伝いながら)桃の中央にぐるりと切れ目を入れて…
ねじると半分に分かれます。
半分に割った桃をさらに半分に切ってから皮をむきます。こうすると無駄なく綺麗に桃が剥けるので、フルーツ屋さんの桃のように綺麗な桃が食べられるのです。皮をいきなりむいてしまうと、食べ放題の農園では手も汚れるし滑って切りにくいので、リンゴのくし切りのように先に食べやすい大きさにカットしてから皮を剥くと良いことを教えました。
もっと良い方法がある!とRが考案したのは、半分にカットするまでは同じですが、そのままかぶりつくスタイル!
皮は器用に口の中でしごきながら、外していました。さすが野生児w天晴れな食べっぷり。
この後ランチしようにも桃でお腹がいっぱいだった事は言うまでもありません。w

お腹いっぱいになったところで今日のお宿へ向かう事になりました。

mamaphotolife

お子様の「今、この瞬間」をママの手で素敵に残してみませんか? 女性限定・少人数制・お子様連れOK!ママの為の初めてのPhotoLessonを始めました♪