今あるものを形を変えて利用する事

現居では広々とした大きなリネン庫が2つもついており、とても重宝したのですが、今回のお家はリネン庫が約半分のスペースに。
もともとは棚の位置が変えられるラックが備わっていましたが、タオルだけでなく下着類などもリネン庫に収めていた我が家は、動線を考えるとやはり脱衣所に置きたいなぁと。

そこであちこち測ってみると、現居のスタジオで利用している収納ボックスとリネン庫で使われていたオープンボックスがこの棚のサイズにピッタリだということが分かり、新居では撮影グッズの代わりにタオルや下着、パジャマ類を収納する事にしました。

海外生活の引越しで感じた事は、大物のタンスを揃えるより、フレキシブルに形を変えられるスタッキング可能な引き出しがあると、将来場所を変えても使えるな、という事。
そこで我が家はなるべかタンス類を減らし、あらかじめサイズを測って衣装ケースをタンス代わりにしたり、家のあらゆるものを収納するボックス代わりに活用しています。

無印良品のボックスは同じサイズで最初に購入し、現居のいくつかの場所で使われていたものをこちらにまとめる事によって、スッキリとした収納システムに変化しました。

浴室はもともと洗面器を引っ掛けられるフックがついていて、感動!こうやって毎回引っ掛けられれば、掃除もしやすそう!
風呂イスも使用後はこのように浴槽に引っ掛けています。
浴室の掃除道具は、現時点ではタオルバーとマグネットフックで吊るしていますが、床ブラシなどは実際使用し出したらすこし置き場所を考える事にします。

浴槽を洗うとって付きのブラシと鍋つかみのように挟めるスポンジ、床ブラシ、最後の仕上げ拭きのタオルを常備。さてここをどんな風に使いやすくするか?これから考えたいと思います。

mamaphotolife

お子様の「今、この瞬間」をママの手で素敵に残してみませんか? 女性限定・少人数制・お子様連れOK!ママの為の初めてのPhotoLessonを始めました♪