壁面デコレーションのコツ

娘が誕生してから少しずつお誕生日のグッズを手作りしてきた我が家。素敵な装飾を見つけても、お値段が高かったり、収納場所に困ったり、1回限りのものだとなかなか手が出せずにいましたが、最近はコンパクトにしまえる『ペーパーファン』や『ハニカムボール』を中心としたデコレーションで楽しんでいます。ここでは、私なりのちょっとしたデコレーションのコツをご紹介していきますね。

■テーマを決める

まず、どんなテーマで撮影をしたいのか?を考えます。例えばハロウィンならカボチャが主役なのか、おばけが主役なのか、それとも魔女?というようにある程度撮影したい主役のイメージを固めましょう。

■メインカラー1+脇役カラー2までの3色以内でまとめる

お料理などのテーブルコーディネートでもそうなのですが、あまり色んな色を使い過ぎない方がまとまりやすいと思います。

例えばハロウィンならオレンジ・黒・白・グリーン・紫あたりから2~3色を選んでコーディネートすることが多いです。メインカラーを決めたらそれを引き立てる脇役カラーを選ぶ感じです。迷ったら白以外の2色でコーディネートするのもおすすめですよ♪


■トーンを揃える

色と同じ理由ですが、パーティの紙皿や紙コップに銀食器が載っていると違和感を感じませんか?それよりも気軽なイメージのプラスチックのカトラリーや木製のカトラリーが並んでいる方がバランスがいいですよね。撮影背景も同じ様になるべくテーマやカラー、トーンを揃えたものでまとめるとすっきりとしますよ。(敢えてアクセントに異素材を持ってくる事もありますが、初心者の方はまずは同じペーパークラフトで揃えるなどしてみましょう)


■来年も使える飾りなのか?を吟味する


ここ、結構大事です!パーティグッズって100均でも揃うのですが、大ぶりのものなどはパーティグッズ専門店でしか取り扱われなかったりします。その時にとりあえず色々買ってしまうと出費もかさんで大変な事に。飾り付けを購入する場合は、使い回しが出来そうなもの(ベーシックカラーやコンパクト収納出来るもの)は思い切って買って、アクセント的にまたは今回限りのものはプチプライスなもので探したり、手作りしちゃうというのも手です。バースデープランナーの資格でグッズの作り方も学んでおりますので、ポイントになる部分だけ手作りする事もあります。

■配置を考える

テーマや色、グッズが揃ったらいよいよ配置です!!娘のお誕生日を1歳~5歳まで経験し、そこでの失敗や体験談、そしてプランナーの資格を経て言える事。それは「配置のがデコレーションの成功・失敗のカギを握る」という事です。よくありがちな失敗として、大人目線での配置をしてしまうという事。主役が誰なのか?どうしてその位置に配置するのか?というポイントがあります。でもこれはmama-on! starting★fes2016でお話しするとっておきポイントなので、イベントが終了するまではヒミツにしておきますね。

気になった方は是非是非10月14日、YOTSUBAKO会場へ足をお運びください!!

配置の秘密を知りたい人はこちら!!→★★★『簡単♪可愛いDeco&Photo♡』ワークショップ



mamaphotolife

お子様の「今、この瞬間」をママの手で素敵に残してみませんか? 女性限定・少人数制・お子様連れOK!ママの為の初めてのPhotoLessonを始めました♪